スポンサーリンク

はるのフリーちゃんねる

見たこと、感じたこと、ありのままに。広~いジャンルでお届け

スポンサーリンク

バッテリーの話をします。

スポンサーリンク

No batteries



最近暑い日が続いてますが、

お車のバッテリーの調子は

いかがでしょうか?

 

・・・・・・

 

 

わかんないですよね笑

 

 

とりあえずエンジンかかりますもんね。

 

 

今日はバッテリーのお話を

ざっくりとさせていただきます。

 

 

 

そもそもバッテリーの役目は?

 

バッテリーは車の電装品を

動かすのに大切なものです。

 

 

エンジンをかけるときに

キーを回したりスイッチを押したり

しますよね?

 

これも全てバッテリーのおかげです。

 

おもちゃや家電製品にもついてますよね。

 

車の場合バッテリーは電気を使いつつ、

他の部品で同時に充電もしています。

 

乾電池とかですと動かなくなると

交換するので、寿命がわかりやすいのですが、

車のバッテリーって何年も使えるので

消耗品というイメージが薄いですよね。

 

 

しかしこの考えが大惨事を

引き起こすことがあります。

 それは、

 

 

バッテリー上がっちゃった(T-T)

 

自宅ならなんとかなりますが、

出先でいきなり起こることも?!

 

さっきまで動いてたのに!

っていうパターンよくあります。

 

 

車のバッテリーの作りとして

中に専用の液体が入っています。

 

こいつがですね、暑いときと寒いときに

引きこもるんですよね(・_・;

 

僕ら人間と同じですね笑

暑さと寒さに弱いみたいです笑

 

 

言い方を正すと、外気温が高いときと

低いとき、性能がかなり落ちます。

 

 

それにこれは携帯などの

充電式のバッテリーにも言えることですが、

電気を使って〜充電して〜を繰り返すと

容量が少なくなっていきます。

 

 

しかもエンジンをかけるときの電気量って

結構必要なんですよね。

 

数字で言うと、新品のバッテリーの容量が

10だとすると、エンジンをかけるときに

2消費します。

 

これが放電と充電を繰り返すことによって

容量が10あるものが劣化により1になるとすると

エンジンをかけるのに2必要だとしたら

1足りませんよね。

(極端すぎますがわかりやすく伝えたかったので笑)

 

 

しかもやっかいなことに車に

乗っていないときでもわずかながら

電気を消費しています。

 

このため、1ヶ月使わなかったら

バッテリーが上がってしまいます。

 

 

バッテリーの寿命はその方の

乗り方によってバラバラなので

僕のオススメは、

 

夏前と冬前には

車屋さんで点検を。

 

ダメならダメって言ってくれます。

 

 

一般的に保証が2年や3年あるので、

保証が切れた時点で定期交換をオススメします。

 

 

この記事を読んでピンと来た方は

近いうちに点検してもらいましょう。

 

それだけで車の運転に不安がなくなるので

きっといいドライブができるはずです。

 

 

みなさんがよいカーライフを

送れますように。

 

スポンサーリンク