スポンサーリンク

はるのフリーちゃんねる

見たこと、感じたこと、ありのままに。広~いジャンルでお届け

スポンサーリンク

梅雨前にタイヤの再点検を

スポンサーリンク

Tire's texture

今日はタイヤのお話です。

 

僕は雪の降る地域なため、冬タイヤが

必要になってきます。

 

ですので、春になるとノーマルタイヤ

履き替えが必要です。

 

みなさん履き替え時にタイヤの

溝があるかなど、点検していると思いますが、

雪の降らない地域の方、どうでしょうか?

 

しっかりタイヤの点検してますか?

 

 

車検時にはもちろんタイヤの状態は

点検が必要になってきますので

ダメなら交換、よければ空気圧チェック

という形になってきます。

 

車検から車検まで2年間のスパンがありますが、

その間しっかりチェックしてますか?

 

 

1年点検や6ヶ月点検を受けている人は

まだスパンが短いですが、

理想のタイヤ点検は1ヶ月に1度になります。

 

 

ではタイヤの溝が減るとどうなるか、

ヒビが入ってきたらどうなるか、

これからお話していこうと思います。

 

 

タイヤの溝が少ない

タイヤの溝が少なくなると

まず滑りやすくなりますよね。

 

タイヤの表面にはグリップ力を確保する

役割や、雨の日に水を吐き出す役割があります。

 

この表面のブロックが少なくなっていくと

タイヤと路面の間の雨水が排水されなくなり

路面に対してタイヤが浮いている状態になって

しまいます。

 

サーフィンを思い浮かべてください。

 

水の上をボードで滑りますよね?

 

あんなイメージです。

 

ハンドルがきかない&止まらないです。

 

これを俗にハイドロプレーニング現象と呼びます。

 

 

他にもタイヤが減りすぎると、ゴムの

更に奥にあるワイヤという部品が顔を

出してきます。

 

タイヤは車の構造上、内側が減りやすく、

タイヤの点検で外側から見ると大丈夫ですが

内側がかなり減っていて最悪の場合

ワイヤが露出した状態になっていることが

よくあります。

 

ワイヤが出てくると、そこからエアが漏れたり

バースト(破裂)したりします。

 

ワイヤが出たということは、使いすぎですね

タイヤの極限を通り越しています。

非常に危険な状態なので、すぐにでも

交換が必要です。

 

 

ヒビが入ってきた

 

タイヤのヒビというのは、タイヤの表面、側面に、

亀裂が入った状態をいいます。

 

よくタイヤのいろいろな場所がシワシワに

なっているのですが、これはヒビではなくて

シワになります。

 

タイヤに亀裂が入ってくるとエア漏れは

あまり聞きませんが、バーストする確率が

非常に高くなります。

 

全体的にヒビが入ってくると、

規定の空気圧に耐えれなくなり、

エアを入れている最中に破裂した

案件も出てきています。

 

大事故につながりかねないので、

僕たち整備士は空気圧の調整を断る

ことがあるくらい危険です。

 

 

タイヤを上手に使うには?

 

まずは空気圧の管理が大前提です。

 

これを怠るとタイヤが上手に減ってくれなくなり、

両サイドばっかり減っていってしまいます。

 

最近のタイヤは転がり抵抗を減らそうとして

タイヤの接地面積を少なくしているので、

両サイドのみぞがとても少ないです。

 

 

1ヶ月ごとに点検なんてやってられるか

って方は規定空気圧よりも少し高めに

調整しましょう。

 

高速道路を走るときも空気圧は若干高めで。

バーストを防ぐことに繋がります。

 

 

1年に最低でも1回はタイヤのローテーションを。

 

タイヤは4本とも同じ減り方をすると

思っていませんか?

 

リヤのタイヤはまっすぐ進むだけですが、

フロントは曲がるときにタイヤを曲げますよね?

その時に摩擦力が大きくなるので

リヤに比べてフロントはよく減ります。

 

2年間で同じくらいに減らそうと考えて

いただいて大丈夫です。

 

新品でもタイヤの銘柄によっては

溝の深さが違うものもあります。

 

ロングライフをうたっているタイヤは

溝が少し多めに作られているので

長持ちします。

 

 

最近では車にあったタイヤというものが

でてきているので、そちらを選ばれても

よろしいかと思います。

 

というか、車にあったタイヤのほうが

絶対おすすめです。

 

減り具合が全然違うので、

是非試してみてください。

 

 

不安な方はタイヤショップ、車屋さんで

点検してもらいましょう。

 

タイヤがダメと言われたら是非

お乗りのお車に合ったタイヤを。

 

必ずいい思いをしていただけると思います。

 

読んでいただいてありがとうございました。

文字ばっかですみませんでした笑

 

スポンサーリンク