スポンサーリンク

はるのフリーちゃんねる

見たこと、感じたこと、ありのままに。広~いジャンルでお届け

スポンサーリンク

電子決済について自分なりに簡単にまとめてみた。

スポンサーリンク

money

最近僕が住んでいる田舎町でも電子決済ができるお店が増えてきました。

 

 

 

そもそも電子決済というととても幅が広いですが、簡単に言うと

お店での会計時にクレジットカード、デビットカード、スイカ

iD、QUICPayなどの電子マネーを使い、現金を使わない

いわゆるキャッシュレスサービスのことを指します。

 

電子マネーが非常に便利、しかしやり方がわからない

と言う会社の年配の方がいたので勉強がてらに簡単にまとめてみる

ことにしました。

 

 

なぜ電子決済を使いたいかと言うと、よく使う田舎のスーパーマーケットで

楽天Payが使えるようになるとのことでした。

 

 

楽天Pay、applePay、○○Payっていろいろありますよね。

 

そもそもその○○Payってなあに?ってところからわかんないですよね。

 

僕が利用している○○Payを簡単に紹介します。

 

  • ApplePay

iPhoneでおなじみ、apple社が開発した電子決済システム

iPhoneに手持ちのクレジットカードを登録し、レジでの支払いに

ID、QUICPayでの決済が可能。

さらに手持ちのSuicaカードも登録することができ、ケータイをかざすだけで

駅の改札を通ることができる。

ID、QUICPaySuicaで決済できるお店が非常に多い。

iPhone7以降のiPhoneで利用が可能。

 

  • LINEPay

クレジットカードを登録してZOZOTOWNなどの有名な

ショッピングサイトでの決済が可能。

プリペイド機能がついていて、コンビニやPay-easyなどからチャージできる。

個人間の送金が可能なので食事や飲み会などの割り勘のお金を

その場で友達に送金することができる。

LINEアプリを使用するだけで利用可能。

 

 

スーパーマーケットで使えるようになった楽天Payとは?

 

『カード払いをアプリひとつで』がキャッチフレーズですね。

 

手持ちのクレジットカードをスマホに取り込んで使う形になります。

 

使い方として、まず楽天Payのアプリをダウンロードします。

そのアプリに手持ちのクレジットカードを登録。

楽天カードじゃなくてもVisa、MasterCardブランドであれば登録できます)

これで使えるようになります。とても簡単ですね。約1〜2分ほどで

使えるようになります。

 

 

では実際に使い方ですが、まずはレジで「楽天Payで支払う」と

伝えてください。

するとお店の人がQRコードを表示してくれますので、

それをアプリ内の「QRスキャンをはじめる」を選び、

お店の人が表示してくれたQRコードを読み取るだけで支払いが完了です。

 

支払った金額は楽天Payに登録したクレジットカードに請求されます。

さらに使った分の楽天ポイントがたまるお得もあります。

 

メリットとしては決済時にサインが必要ない。

楽天ポイントがたまる。

 

デメリットはスマホを使わないといけないので電池がない場合は

使えません。

 

 

 

 

僕も勉強不足でこれぐらいしか理解できませんでした笑

実際に僕もそのスーパーマーケットを利用するので

楽天Payに登録して使ってみようかと思います。

 

以上 簡単な電子決済でした。

 

 

 

 

スポンサーリンク