スポンサーリンク

はるのフリーちゃんねる

見たこと、感じたこと、ありのままに。広~いジャンルでお届け

スポンサーリンク

新車購入時にやっておいて損のないもの①

スポンサーリンク

Spray


新車情報の記事を書くつもりではありませんが、

スズキよりいよいよ新型ジムニーの発売が

すぐそこまで迫ってまいりました。

 

旧型のJA型のジムニーっぽいようなカクカクとした

ボディに戻り、かつ今どきフェイス。

 

僕的にはアリアリです。

 

発売されたら試乗してファーストインプレッション

の記事でも書きましょうかね。

 

 

今回はそんな新車を購入したときにやっておいて

損のないシリーズです。

 

第1弾は、アンダーコート施工

 

ボディの下廻り、及び足廻りの錆止め塗装です。

 

必ずではありませんが、できれば新車の時が

1番いいです。いろんな意味で。

 

施工は新車の時がいい理由

 

別にいつでもいいじゃんって思われますが、

塗装するときは塗る部分をキレイにする

必要があります。

少しでも走った車ですと必ず泥がついてしまいます。

これを完全に取り除くとなるととてもじゃないけど

不可能に近いんです。

で、完全に取り除けない状態で塗ってしまうと

そのうち剥がれてきます。

何万もかけてするのに剥がれたらイヤですよね。

しかも自分じゃ確認しにくい。

下廻りのスチーム洗浄はやる人によって

キレイの度合いとかも変わってくると思います。

 

しっかり施工してもらいたかったら絶対新車の

状態です。

 

 

どんな作業?

まずはリフトアップし、塗装作業に邪魔な

部品を取り外します。

取り外し前

f:id:harunori0318:20180618223657j:image

取り外し後

f:id:harunori0318:20180618223702j:image

 

かなり塗装する部分が見えてきましたね。

かかってはいけないボディやエンジン、マフラー、

その他パーツにはマスキングをしてつかないように

します。

スプレータイプもありますがとてもコストが

かかりますので当社では専用のガンで吹く

ガンタイプを使います。

どちらにしても飛び散るのでマスキングが

必要です。

 

今回塗装するのはこちら

f:id:harunori0318:20180618223955j:image

エンドックスという商品です。

特徴として、防錆性能にプラスして防音効果も

期待できるアンダーコート剤になっています。

それに地球に優しい水性なので後片付けも

楽チン。一石二鳥っちゅうわけです。

 

こちらは樹脂系というものですが他にも

ワックス系というものがあり、樹脂系は

しっかり固まるものですかワックス系は

ねちょっとした感じが残ります。

 

個人的にはワックス系はとても塗りやすいので

好きなのですが、後始末が大変で、、、

樹脂系のほうが性能が悪いとかそんなことは

ありませんので気になさらずお願いします笑

 

飛びます。

作業途中は極秘なので笑

こちらが施工後です。

f:id:harunori0318:20180618224604j:image

マフラーの遮熱板以外は真っ黒になりましたね。

ここまですると達成感あります。

 

 

ではなぜアンダーコート施工が必要?

 

車両の腹下、足廻りの部品は多くが鉄でできています。

使用を続けるとどうでしょうか。

必ず錆びてきますよね。

 

特に雪の降る地域では冬には塩カリが撒かれている

道路を走行することになりますので

余計に錆びが進行してしまいます。

錆びのせいで部品が壊れることもあります。

錆びを防止するために防錆剤を塗装して

長持ちさせようというものです。

 

 

メンテナンスは?

1度するだけで半永久的というわけにはいかないので

点検時や車検時のタイヤを外すタイミングで

少し手直しをしてもらいましょう。

1つ気をつけるポイントですが、樹脂系の

防錆剤にワックス系を塗ることはできません。

逆も同じです。

施工証明書みたいなものあればいいのですが

ないので、施工してもらった車屋さんに

行くか、防錆剤の名前をメモしておきましょう。

 

 

 

まとめ

必ずしも新車で購入するとは限りませんよね。

もしも中古車を購入してアンダーコート施工を

考えているのでしたら信頼できる方に

お願いしましょう。

中古車や経年車だと下処理がとても重要に

なってきます。

あと、ものによっては湿気があると塗装しにくい

ものもあるのでできるだけ暖かい季節にすることを

オススメします。

 

それではみなさんよいカーライフを。

 

 

 

 

スポンサーリンク