スポンサーリンク

はるのフリーちゃんねる

見たこと、感じたこと、ありのままに。広~いジャンルでお届け

スポンサーリンク

保険に入るときの裏ワザ

スポンサーリンク

good question

昨日鼻水がすごかったので鼻水を抑える

薬を夜に飲んだせいで朝から喉が痛い

管理人、ハルです。(T_T)

 

 

先日嫁が生命保険に加入しまして、そのときに

初めて知った裏ワザというか、ちょっと

ギャンブル性が少しありそうなお話です。

 

僕が働いている会社では損保ジャパン日本興亜

代理店をやってます。

 

自動車保険はもちろん生命保険、火災保険など

幅広い保険を取り扱っています。

 

僕は自動車保険しか勉強していないので

その他の保険はほぼ無知ですが。

 

 

損保ジャパン日本興亜(SJNK)ひまわり生命

ネットでみると口コミ第1位ですね!

すばらしい!

 

生命保険にもいろいろありますが、今回嫁が

入ったのは簡単に説明すると入院したときのお金、

7代疾病の保証、先進医療の医療費といった

病気に特化した内容です。

 

生命保険っていつ入るの?

 

入るタイミングはいつがいいとかは決まってません。

しかし、結婚して配偶者ができたときや子供が

できたときなどに入る方が多く、月々の

貯金額に余裕が出てきたというタイミングも

あります。

 

一概には言えませんが何かのきっかけで入る

ことが多いです。

 

嫁がなぜ入ったのかというと、他の保険会社から

30歳になると保険料が上がるのでそれまでには

入られたほうがいいですよーとプッシュされた

そうです。

 

嫁はこれがきっかけですね。

 

 

他の保険会社と何がちがうの?

 

各保険会社にはここが強いと言える部分が

必ず存在します。

 

保証内容に限っては2、3社同じような内容で

見積りをとってもらい、説明してもらったほうが

いいです。

 

 

だいたいいくらぐらい?

 

見積りをしてもらう前に毎月生命保険に

いくら払えるか、何が希望か事前に伝えましょう。

それがはっきりしていれば必ず自分にあった

保証内容が浮かび上がってきます。

 

 

いつまで払い続けるの?

 

さて、この記事の本題です。

この払込期間ですが、まず1つは終身といって

自分が死ぬまで払い続けるタイプ。月々の保険料が

1番安くなります。

もう1つは年齢を決めるタイプ。

よくあるのは定年までは給料が当たるので

定年までにするという方が多いです。

終身だと年金生活でも払い続けなければいけない

ので、生活が苦しくなる可能性があります。

 

嫁は終身のほうが安いから終身で契約しました。

なぜかというと、そのうちガンにかかるから

安いほうでいいと言っていました。

 

そう、嫁はガン家系なのです。

しかも今回入った保険はガンにかかると以後の

保険料はいりませんよーという保険。

近頃の保険はほぼこれです。

 

最近のデータによると2人に1人ガンにかかる

というデータがあるほどガンの発症率は

かなり上がってきています。

 

それを見越して終身にしたそう。

もちろん未来はわからないので本当に

ガンにかかるかはさっぱりわかりませんが。

裏ワザではありますがリスクが大きすぎる笑

 

このような考え方があることをひとつ知っておいて

ください。

 

 

気をつけること

 

生命保険に加入するとき、通院していることや

薬を飲み続けていることは必ず告知すること。

自分にとっては軽い病気かもしれませんが

その病気がリストに載っているといざというときに

保険料が落ちないことがあります。

 

5年単位、10年単位で保険料が上がる保険は

オススメできません。

保険料が段々高くなっていくの?と保険屋さんに

聞くとだいたい保証内容を下げて金額を下げれば

大丈夫ですよーと言われます。

歳を取るごとに病気のリスクが高くなるのに

保証内容を下げたら反比例してしまいます。

定額で内容の濃い保険を見つけましょう。

 

 

 

 

まとめ

保険って奥が深いというか、大切なものなのに

中身が細かすぎて理解できていない場合が多いです。

適当に進めるよりパンフレットとにらめっこして

納得できるまで説明してもらいましょう。

 

生命保険は家族のための保険でもあるので

自分の家庭環境をよく知る保険屋さんが

いれば心強いかもしれませんね。

必ずよいアドバイスをくれるはずです。

 

 

もしものときの保険なので健康なときは

大切さが全くわかりませんが、加入しておいて

損はないと思います。

 

この記事を読んでピンと来た方は是非とも

週末にでもお話に行かれてみてはどうでしょうか。

 

長々と失礼しました。

明日は喉が治っているといいな。

 

 

 

 

スポンサーリンク